木で出来ている

看板を注文してから制作完了までの流れを説明します。
まずは、看板のデザインや作業の段取り、施工スケジュール等について業者との打ち合わせです。
自分の希望のデザインがあるのならその時に言うといいでしょう。
希望の看板について考えていないのなら、業者のサンプルやカタログ等を見て決めると良いでしょう。
その後、制作に入ります。
料金や制作期間は、材質や建てつけの方法によって変わるので、注文するときに確認しましょう。
次に、看板のメンテナンスの内容について説明します。
一つ目は、点検です。
地震や台風等の影響、あるいは腐食やサビ等の劣化で、看板が落下したり倒れたりすると大変です。
二つ目は、蛍光灯や電球の交換です。
看板がチカチカしだしたら交換する時期です。
三つ目は、清掃です。
サビ取りやコケ、溜まったほこりや砂等を取り除くことで綺麗に生まれ変わることでしょう。
四つ目は、リニューアルです。
これは、メンテナンスというより作り直すので、通常の清掃よりは料金がかかるようですが、元のものを再利用するので、描かれている文字などが掠れているようなら検討すると良いでしょう。

お得に利用する

看板は屋外における宣伝効果が非常に高いことで有効となるものです。
けれどもその評価の高さゆえに、一度設置した後ではなかなか交換やメンテナンスが難しいという課題もあります。
しかし最近では、看板の注文やメンテナンスを手軽に行うことができるサービスが増えてきています。
制作において大幅な効率化を進めた結果となるものですが、デザインの変更なども簡単に行うことができるので宣伝効果を高く維持することが可能となります。
この仕組みとしては、本体はそのままに外側にまるでシールを貼るかのような形で新たなデザインのものを貼り替えるという形をとるものとなります。
そのためには、まずデータを入稿してレイアウトなどの処理をおこなったら、大判のプリンターで特殊なシートにプリントして貼り替えるという形になります。
屋外に設置されるものですから、風雨に強く日差しを受けても変色しないよう加工されることになります。
注文においても、ネットでデータの入稿を行うことができるので、近場にそのような加工業者がいなくても簡単に依頼することができます。
また、張り替えができるのであれば、シートを配送してもらえば手間もかけずに簡単に手配をすることができるので、看板のデザインに関しても相談することができる業者もいるので、より宣伝効果の高いものを作ることも可能となります。
このようにして短いサイクルでメンテナンスを行うことによって、費用対効果の高い広告手段とすることができます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031